cardloan
カードローンエキスポは、正しいお金の借り方をシンプルに分かりやすく解説をする事をモットーに運営をしています。

『今すぐお金を借りたい!』『なるべく条件の良い会社でお金を借りたい!』『変な会社で借りて失敗したくない』

このような方には参考にしていただける内容になっています。

結論からいうと、『いますぐお金を借りたい』『すぐにお金が借りられる会社はどこ?』という方にはプロミスが1番です。

業界最大手で三井住友フィナンシャルグループ系列。

借り入れ・返済方法もコンビニが選べたりと便利ですし、電話連絡もないので、家族や同僚にばれる心配もないので安心です。

また、はじめての方なら30日間無利息なのも大きなメリットの一つです。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスはネットから最短1時間で、今すぐお金を借りる事が出来るのでまずは審査をかけてみましょう!

puromiss

ブログを始めたきっかけは、初めてお金を借りた時、なかなか参考になるブログが無かった事からです。

当時、素人だった私には、どのサイトもすごく専門的に書かれてはいますが『で結局どの会社から借りたらいいの??』とサイトの内容がまったく分からなかったのです。

カードローンは専門的な単語も多いですし、普段、金融機関で働いていない方がブログを読んでも詳しい内容が分からないのは当然です。

金利といっても実際に計算ができる方の方が珍しいでしょう。

ずばり、お金を借りる会社を選ぶポイントは3つです。

①安心できる会社が運営をしていること

②個人情報の管理がしっかりしていること

③借り方返済方法がシンプルで便利なこと

感の良い方ならもうお分かりだと思いますが、つまりは『しっかりとしている会社で借りる』という事。これだけです。
okane-kariru
当サイトで案内しているカードローンはすべてこの条件を満たす会社のみ紹介しているので安心して利用できます。

中には、ブラックでも借りられる!などと謳い、闇金融など悪質な会社を紹介しているブログもありますので注意してください。

それでは、今すぐお金を借りる為に知っておきたいカードローンについての解説をしていきます。

参考にしてみてください!
puromiss

カードローンを初めて使う人におススメの金融機関と今すぐお金を借りる方法

今すぐお金を借りたい!という方は、まず、借りる前にしっかりとした会社を選ぶ必要があります。

当サイトでまとめている銀行系カードローン会社や消費者金融は、すべて法律に則って運営されている会社だけです。

しかし、中にはブラックや無職でも借りられる!と甘い言葉で謳った闇金も存在します。

今すぐお金が必要。という状況であっても、闇金など悪質な会社と付き合ってしまう事は本当に危険です。絶対に手を出さないでください。

<はじめに>

初めてカードローンを利用する人にとって気になるのは「お金の借りやすさ」です。

・申込は簡単なのか
・審査は通りやすいのか
・すぐにお金を借りられるのか

昔ほどではないにしろ、お金を借りるのは敷居の高さを感じるものです。

そんな人にはどこの金融機関がおススメで、どんな借り方が負担にならないのか紹介します。

1.そもそもカードローンって何??

かつてはお金を借りるとしたら、担保や保証人が必要で、車や住宅の購入など利用目的が限られていました。

手続きには「証書」と呼ばれる契約書のやり取りが必要で、新たにお金が必要になったら、また契約しなければいけなかったのです。

それを担保や保証人が不要で、簡単な手続きでお金を借りられるようにしたのが、プロミスやアコムなどの消費者金融です。

また、オリコやジャックスなどの信販会社は、クレジットカードにキャッシング機能を持たせて、ATMで気軽に借りられるようにしました。

最近では銀行も参入し、「カードローン」という名称で、誰でもいつでも自由にお金を借りられるようになったのです。

2.カードローンの魅力って何だろう?

例えば急な冠婚葬祭などの予期せぬ出費や、給料日前の一時的な生活費の不足が発生した時に、カードローンがあれば近くのATMからすぐにお金を借りられます。

それぞれのカードローンには限度枠が設定されていて、その範囲内であれば何度でも借入ができるのです。

今すぐお金が必要で無くても、あらかじめカードローンを契約しておけば、いざという時の心強い備えになります。

そんな簡単で便利なところがカードローンの魅力なのです。

3.カードローンの申込は簡単なの?

多くの金融機関では、様々な申込方法を選べます。

従来の店頭窓口や無人契約機、電話、郵送に加えて、最近では遠方に住んでいる人でも気軽に利用できるように、パソコンやスマートフォンなど「インターネット」からの申込に対応しているところがほとんどです。

必要事項を入力するだけでなく、書類をカメラで撮影してメールで送ったり、借りたいお金を振りこんでもらう手続きまで、すべてインターネット上で済んでしまう金融機関もあります。

また、消費者金融では50万円以下、銀行では100~300万円以下まで収入証明書の提出が不要で、用意するのは本人確認書類だけと手間も少なくなっています。
puromiss

4.カードローンの審査は厳しいの?

カードローンに限らず、お金を借りる時は必ず金融機関の審査があります。

審査では、その人の返済能力を年収や勤務先などから判断したり、過去の借り入れ状況などをJICCやCICなどの信用情報機関に登録されている情報から確認します。

延滞や債務整理などの金融事故があったり、既に多くの金融機関から借りている場合は審査に通りづらいでしょう。

いきなり高額を申し込んでも収入に見合わなければ通らないかもしれません。

消費者金融では「総量規制」により、年収の3分の1を超える貸し付けができません。
まずは、それを目安とした少なめの希望額で申し込むと良いでしょう。

5.カードローンを申し込めば今すぐお金を借りられるの?

カードローンの中には「即日融資」と言って、申し込んだその日のうちにお金を貸してくれるところが増えています。

多くはインターネットでのやり取りが中心で、カードを使うのではなく、借りたいお金を希望の口座に振り込んでもらいます。

もちろん、無人契約機や銀行の窓口であれば、契約が完了次第、その場でカードを発行してくれます。あとはATMから借りるだけです。

6.カードローンを初めて使うときの限度額はいくらくらい?

多くの金融機関では、カードローンの最高限度額を数百万円に設定しています。
けれども、よほど年収が多くて返済能力が無いと、初めて利用する人にそこまでの限度額は設定されません。

口コミでは10万円から50万円くらいが最も多いようです。

借りたお金を滞りなく返済していれば、数ヶ月後には限度額の拡大を申請できたり、金融機関から案内の電話やメールがあります。
まずは利用実績を作りましょう。
puromiss

7.カードローンの利息は多くないの?

利息制限法により、カードローンなどお金を貸す時の利息は、以下のとおりに設定されています。

・10万円未満……年利20%以下
・10万円以上~100万円未満……年利18%以下
・100万円以上……年利15%以下

カードローンの限度額は10万円以上からなので、多くの金融機関が最大金利をおおよそ年18%に設定しています。

高額を借りられるようになると2~3%まで年利は下がるのです。

18%と聞くと高く感じられますが、少額を短期間借りるくらいなら大きな負担にはなりません。

例えば、1万円を30日間借りた場合の利息は

10,000×0.18×30/365≒148円

です。

puromiss

8.カードローンは会社や家族、誰にも知られずにバレずに利用できる?

お金を借りていることは、誰にも知られたくないものです。特に消費者金融では、こうしたプライバシーに配慮した対応をしてくれます。

例えばカードローンの審査では、勤め先への在籍確認がありますが、その際も会社名ではなく個人名を名乗り、お金を借りることに関しては一切触れません。

自宅に書類やカードなどを発送する際も、アコムのように「ACサービスセンター」と記載するなど、一見してそれと分からないように工夫されています。

最近ではインターネットからの申込によって、こうした郵便物無しでカードローンを利用できるのです。

9.初めてカードローンでお金を借りる時におすすめの会社は?

どこの金融機関でも、初めての人がカードローンを利用しやすいように、様々な工夫をしています。その中で、すぐにお金を借りられるところとなると限られます。

例えば銀行は金利の低さが魅力ですが、審査は厳しくなりがちです。

また、在籍確認や郵送物では銀行名を明らかにしています。ATMでしか借りられないところは、カードが届くまでお金を借りられません。

こうした面倒さがなくて、比較的簡単にお金を借りられるのが「プロミス」です。

総量規制の影響で年収の3分の1を超える借り入れができず、50万円を越える限度額を希望すると収入証明書が必要ですが、インターネットで申込が完了し、その後もカードレスも対応可能で利用できる数少ない金融機関です。

初回の借入は30日間無利息になったり、インターネット会員になれば貯まったポイントで提携ATMの手数料が一定期間無料になるなど、魅力的なサービスがいっぱいです。

でも消費者金融って怖くないですか?

消費者金融には、「サラ金」と呼ばれた頃のネガティブなイメージが今も根強く残っています。

例えば厳しい取り立てや膨れ上がる利息などです。

けれども現在では貸金業法によって、営業には内閣総理大臣や都道府県知事への登録が必要であり、暴力団員の使用や生活を脅かす取り立て行為は禁止されています。

過剰な貸し付けや利息制限法を上回る利息の徴収も罰則の対象となるのです。

さらに、多くの消費者金融は大手金融グループの傘下にあり、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)も、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の完全子会社です。特に怖いと感じることなく利用できるでしょう。
カードローンのご利用は計画的に

カードローンの登場で、誰でも気軽に必要な時にお金を借りられるようになりました。ただし、借りたお金は必ず返済しなければいけません。気軽に借りられるからと安易に使っていると、あっという間に借金が膨らんで大きな負担になります。

例えば急な出費が発生した時だけ使うのはもちろん、本当に必要な出費なのか借りる前に考えるなど、無駄にカードローンを使わないような意志の強さが必要です。

総量規制が年収の3分の1なのは、それが自力で返済できる限界だからです。逆に同じだけの金額を貯金すると考えれば、いかに大変なことか分かるでしょう。お金を借りる時は返済のことまで考えて、計画的に利用したいものです。

puromiss

今すぐお金を借りる!即日融資のカードローンってあるの?

急にお金が必要になった時のために、あらかじめカードローンの契約を済ませておく人は、そんなに多くありません。ほとんどがカードローンなんて普段は必要ないと考えているでしょう。そして、いざという時に慌てるのです。

「即日融資」をアピールしている金融機関はたくさんありますが、実際はどこかでつまずいて翌日以降まで待たされるケースが多々あります。どのような点に気をつけて、どこに申し込めばいいのか見ていきましょう。

また、今すぐにお金を借りたいばかりに、闇金など違法業者から借りる事は絶対にやめてください。闇金業者の定義に関しては金融庁のホームページで下記のように定義されています。

貸金業を営む場合、貸金業規制法に基づき、国(財務局)か都道府県の登録を受けなけれ
ばなりません。それにもかかわらず無登録で貸金業を営む業者は、ヤミ金融業者と呼ばれて
います。また、最近では、登録業者を含め、法律に違反するような高金利で貸付けを行った
り、悪質な取立てを行ったりする業者もヤミ金融業者と呼ばれています。
引用参考:ヤミ金融対策法のポイントー金融庁

このような闇金と言われる違法業者は金利も正規の消費者金融や銀行系カードローンとは違い以上に高く、取り立ても厳しいことで有名です。
家族や会社に対する嫌がらせも多くやり方も卑劣です。

万が一、手を出してしまった場合は、下記の2つに早めの相談を行ってください。

警視庁総合相談センター
相談内容に応じて相談窓口等をご案内します。
電話:#9110(東京都内でダイヤルすると当センターにつながります。)
都道県境では、他府県につながることがあります。
電話:03-3501-0110(東京都を管轄する当センターにつながります。)
警視庁総合相談センターでは、皆さんが抱える様々な困りごとに関する相談を受け付けています。
引用参考:警視庁相談窓口

オペレーターが、お悩みの法的トラブルに関する法情報や、その他の法制度をご案内します。
各種相談窓口の中から適切な窓口をご紹介します。
オペレーター
(弁護士や司法書士による個々のトラブル等に応じて法的判断を行い、解決策をアドバイスする相談とは異なりますのでご注意ください。)
電話番号0570-078374

引用参考:法テラスサポートダイヤル

まずはいち早く、警察に相談を行い、必要であれば法テラス等で弁護士に対応をしてもらうのが間違いありません。

絶対に自分一人で抱え込んだり、放置をする事はしないでください。
puromiss

今すぐお金を借りたいのに即日融資を妨げる2つの難関

即日融資までには、2つの難関があります。まずは「審査」です。例えば提出する書類によっては、すぐに準備できないものがあります。これらの書類が不要でも休日で勤務先が休みであれば在籍確認ができません。また、スコアリングや信用情報の内容に問題があり、融資の決定まで時間がかかる場合もあります。

次の難関が「入金方法」です。ATMでキャッシングするにはカードが必要ですが、その場で発行できず後日郵送するのであれば、手元に届くまで待たなければいけません。銀行振込は遅くても15時までに手続きが済んでいなければ間に合わず、そもそも休日は対応していません。せっかく契約できても、すぐには借りれないのです。

平日の午前中に申し込むのであれば、即日融資される確率はかなり高くなります。けれども、急にお金が必要になるのは、夜間や休日など、銀行が休みでお金が調達しづらい時でしょう。

審査を簡単に済ませるポイント

即日融資するなら、曜日や時間帯を問わず、これらの難関を容易にクリアできる金融機関で申し込むのが理想です。例えば審査は、準備に時間がかかる収入証明書を不要とするところが望ましいでしょう。プロミスやアコムのような消費者金融であれば50万円まで、銀行なら100~300万円まで不要ですが、楽天銀行のように自営業者は限度額がいくらであれ、必ず収入証明書(確定申告書など)を提出しなければいけないところもあります。

暦通りに勤め先が休みになるなら、休日の在籍確認を電話以外の方法でしてくれる金融機関を選びます。消費者金融であれば、アイフルのように「事情があればご相談ください」とサイト上で明記し、柔軟に対応してくれるところが良いでしょう。

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

銀行でも三井住友銀行のように、口座の開設や指定のサービス利用していれば、カードローンの審査を簡略化してくれるところもあります。もちろん、休日も審査してくれるのは言うまでもありません。

今すぐお金をすぐ手にするためのポイント

契約後にATMからお金を借りるのであれば、無人契約機でカードを発行してくれる金融機関のカードローンを契約すると良いでしょう。例えばプロミスやアコム、SMBCモビット、アイフル、銀行であれば三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行です。セブン銀行のように、手持ちのキャッシュカードをそのままローンに流用できるところもあります。

たとえ銀行振込しか手段が無くても、金融機関によってはインターネットバンキングの利用で、休日でも時間外でも対応してくれます。プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に受付から最短10秒で振り込んでくれるのです。

専業主婦は今すぐお金を借りる事はできる?

当サイトでおすすめしているプロミスの場合、パートやアルバイト等をしていて安定収入があれば、主婦でもお金を借りる事はできます。

しかし、一切の職についていない専業主婦の場合はお金を借りる事はできません。

また、プロミス以外にも大手の消費者金融の多くは専業主婦への貸し付けは行っていません。

専業主婦がお金を借りるとなると、じぶん銀行が該当します。

どちらも旦那様の収入次第にはなってしまいますが、相談をするのがよいでしょう。

学生でも今すぐお金を借りる事はできる?

大学生や短大生、専門学校生であっても一定の条件を満たしていれば今すぐお金を借りる事は可能です。

その条件は2つあって、20歳以上であることと、一定の収入があること。です。

学生であっても、20歳を超えていて、アルバイトやパートなど安定収入があれば、お金を借りられる可能性はありますので相談をしてみるのが良いでしょう。

無職の人は今すぐお金を借りる事はできる?

一定の収入が無い、無職の人はお金を借りる事が難しいと言わざる負えません。

安定収入がないので、当然返済ができる見込みはないわけです。大手の消費者金融や銀行はもちろん、中小でもほとんどの金融機関で借り入れをする事はできません。

また、注意しなければならないのが闇金融です。

無職の人であってもヤミ金ならお金を借りられる可能性はありますが、利息も法外ですし、一度借りてしまうと人生が破滅してしまいます。

手を出すのは絶対にやめましょう。

ブラックの人は今すぐお金を借りる事はできる?

いわゆる、個人信用情報機関(ブラックリスト)に事故情報が載ってしまったブラックの人は、一般的な消費者金融や銀行から一定期間の間お金を借りる事はできません。

大手ではなく中小の金融機関ではお金が借りられた!という口コミもありますが、そもそもブラックに名前が載っている人が新たな借り入れは行うべきではありません。

しっかりと返済を完済させ、大手の消費者金融や銀行から借入れができるようになるまで新らしくお金を借りる事はせずに生活をしましょう。

puromiss

今すぐお金を借りられるかどうかは金融機関によって違う

このように金融機関によって、即日融資できる条件は異なります。以下の対応状況を見比べて、どこで借りるべきか検討してみましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は今すぐお金を借りる事ができる?

一部店舗に併設されている「テレビ窓口」の利用で、平日は20時、土曜は18時、日曜・祝日は17時までカードを受け取れる。インターネットや電話で審査を済ませて、カードだけ受け取ることも可能。

三井住友銀行カードローンは今すぐお金を借りる事ができる?

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)で、契約から融資まで完了できる。ただし審査は21時までに終わらせる必要がある。口座が無い場合は「ローン契約機」でカードを発行すれば、すぐにATMから借りれる。インターネットや電話で審査を済ませて、カードだけ受け取ることも可能。ローン契約機はプロミスと共通。曜日を問わず21時まで利用できる。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)は今すぐお金を借りる事ができる?

平日であれば14時30分までに契約と手続きが完了すると、希望口座に振り込まれる。ATMはカードが届くまで利用できないので、休日の即日融資はできない。

オリックス銀行カードローンは今すぐお金を借りる事ができる?

ATMはカードが届くまで利用できず、銀行振込も専用サイト(メンバーズナビ)に口座を登録しなければいけない。メンバーズナビにログインするにはカードに同封される書類に記載のIDが必要なので、曜日を問わず即日融資は不可能である。

静岡銀行カードローン(セレカ)は今すぐお金を借りる事ができる?

平日であれば、初回に限り契約完了後に口座振込で借りれる。期限は明記されていないが、銀行の営業時間内(15時)までに契約・振込手続きを済ませる必要がある。カードを受け取れるのは窓口でも最短翌日。休日は申込・審査・振込のいずれも行われないので、即日融資できない。

セブン銀行カードローンは今すぐお金を借りる事ができる?

既に口座を保有していれば、ダイレクトバンキングサービスからの申込・契約で、キャッシュカードをローンにも使える。ダイレクトバンキングサービスでの借入も可能。ただし即日融資するなら、平日は20時30分、休日は15時30分までに申込が完了していることが条件となる。

オリックス・クレジット(VIP)は今すぐお金を借りる事ができる?

平日であれば、契約完了後に会員専用サイトから振込で借りれる。ジャパンネット銀行なら24時間対応。その他の銀行は14時30分までに手続きを済ませる必要がある。休日は審査をしていないので、即日融資はできない。

アコムは今すぐお金を借りる事ができる?

曜日問わず、22時までに「むじんくん」でカードを発行するとATMで借りれる。インターネットや電話で審査を済ませて、カードだけ受け取ることも可能。インターネットからの申込であれば、契約完了後、会員サービスから振込で借りれる。楽天銀行の口座なら、24時間365日対応している。

プロミスは今すぐお金を借りる事ができる?

WEBから申し込んだ場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を保有していれば、会員サービスの「瞬フリ」で24時間365日いつでも借りれる。曜日を問わず、SMBCローン契約機でカードを発行するとATMで借りれる。時間は9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。インターネットや電話で審査を済ませて、カードだけ受け取ることも可能。

SMBCモビットは今すぐお金を借りる事ができる?

ローン契約機であれば曜日を問わず最長21時まで利用できる。カード発行後、審査が完了してからATMで借りれる。インターネットや電話で先に審査を済ませて、カードだけ受け取ることも可能。

アイフルは今すぐお金を借りる事ができる?

「てまいらず」であれば曜日を問わず最長22時まで利用できる。インターネットや電話で先に審査を済ませて、カードだけ受け取ることも可能。

カードローンについてまとめ

すぐに借りれる可能性が高いのはプロミスと三井住友銀行~

紹介した中では、オリックス銀行以外、即日融資に対応しています。けれども、特定の銀行口座が必要になるなど、利用できる人が限られる条件もあります。最も簡単なのは無人契約機を利用する方法です。その中では全国各地にある「SMBCローン契約機」を共通で使えて、インターネットや電話からの事前申込も可能な三井住友銀行とプロミスが比較的借りやすいと言えるでしょう。

カードローンは、実際に申し込んでみると、あっけないくらい簡単にお金を借りられて拍子抜けするかもしれません。最近では店頭や無人契約機に出向くことなく、インターネットだけで手続きが完了するカードローンもあります。正しく利用すれば、少ない負担で誰にも知られることなく、お金を借りられるのです。

初めて利用するなら、申込方法や借り方に柔軟性のある消費者金融がおススメですが、銀行の金利の低さも魅力です。まずは申し込んで審査を受けてみましょう。
puromiss

借りるだけじゃない!今すぐお金を稼ぐ方法ー働いてお金を用意する!

今すぐお金が欲しいという方がまず考えるのが日払いのアルバイトや派遣労働でしょう。

無職やフリーターなど比較的時間に余裕のある方でしたら、日払いのアルバイトをする事で今すぐお金を作る事も可能です。
派遣労働や日払いバイトは高校生など18歳未満や未成年の大学生であっても募集している会社はあるので、若い方でも短期的な仕事をする事でお金を用意できます。

注意したいのが、日払いや週払いという甘い言葉に騙されて犯罪の片棒を担ぐような行為や、性風俗店など水商売に足を踏み入れてしまわないという事です。
水商売のすべてを否定するわけではありませんが、一時的なお金の為に考えもせず働く事は危険です。

また、オレオレ詐欺の受け子と呼ばれる役割をしてしまう事例もあります。

今すぐお金が必要だからといっても、数万円から数十万円の為に犯罪に手を染めてしまったらその後の将来にも大きな影響を及ぼします。
事実、このような事件は社会問題にもなっています。
貧困層が犯罪としりながらも今すぐのお金の為に犯罪に手を出してしまうのです。

さらに、近年増加しているのが名義貸しです。今すぐお金が必要と、詐欺グループに自分の名義を貸してしまうのです。

金融庁のホームページでは下記のように記されています。

「消費者金融会社の調査」等の名目で「お金を借りるだけのアルバイト」と称して消費者金融会社から金銭を借り受けさせ、

一定のアルバイト料を支払った上で「返済はこちらでやっておく」と発行されたカード(暗証番号も)もろとも金銭をだまし取る。

集まったお金とカードで返済と借入を繰り返すため、返済が行なわれている間は発覚せず、長期間だまされていることに気付かない。
引用参考:違法な金融業者にご注意!ー金融庁

上記のような行為はもちろん犯罪ですし絶対に手を出してはいけません。
また、このような行為を行った場合、債務は当然借りた本人に対して発生します。

絶対にこのような、お金を借りるアルバイトには手を出してはいけません。
puromiss