カードローンのQ&A

カードローンの申し込みをする時に借入れ件数はなんて書いたらいい?

スポンサードリンク
promis-yokoクレジットカード スマートフォン

カードローンの申し込みをする時に書く「借入件数」とは

<はじめに>

カードローン審査で重視される項目の1つに「借入件数」があります。その名のとおり他社から借り入れている件数であり、多すぎると「多重債務」とみなされて審査に落ちてしまいます。

では、どれくらいの件数があると多重債務になるのでしょうか。また、債務とはカードローン以外に何が含まれるのでしょうか。申告時の注意点も含めて紹介します。

1.借入件数に含めるもの、含めないもの

お金

例えば消費者金融の大手であるアコム「3秒診断」では、借入件数について

『クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンを除くお借入先(キャッシング)に限ります』

と記載されています。この場合、対象になるのは消費者金融信販会社が提供する無担保キャッシングです。例えば

・カードローン
・Webキャッシング
・店頭や郵送、電話での手続きによるキャッシング
・クレジットカードのキャッシング

があります。これらは単にカードを保有している(契約をしている)だけでは件数に含まれず、実際にキャッシングしている分だけが対象になります。

どこまでを借入の対象にするかは金融機関によって異なり、銀行からのキャッシングやフリーローンまで含めるところもあります。

ただし、住宅ローンや自動車ローンのような有担保借入対象外にするか、別枠で入力させます。いずれの場合もクレジットカードのショッピングは件数に含めません

2.金額よりも件数を重視する理由

女性 ポーズ

消費者金融や信販会社は貸金業法の影響を受けるため、年収の3分の1を超える貸付ができません。本来なら貸付にあたって重視されるのは借入残高のはずです。なぜ、件数重視するのでしょうか。

金融機関が貸し付ける時に最も恐れるのは、返済されないことです。件数が多いと、返済後回にされる可能性があります。

もしかしたら他社の返済のために借金するかもしれません。同じ金額を借りるにしても、信用度が高ければ1件で賄えますが、低いと必然的に多くの金融機関から借りる破目になります。

このように、借入件数の多さからは様々なリスクが想定されます。そのため、貸金業法の影響を受けない銀行のカードローンでも重視されるのです。

プロミスのように簡易診断(お借入れ診断)で項目が無くても、実際の申し込みでは入力が必要な金融機関もあります。どこも借入件数を蔑ろにはしていないのです。

3.借入件数のボーダーライン

財布 お金 クレジットカードスポンサードリンク
promis-yoko

では、審査ボーダーラインとなるのは何件でしょうか。アコムの「3秒診断」は他の項目が何であろうと、4件以上は電話で問い合わせるよう促されます。

一方、新生銀行のカードローン「レイク」の「お借入れ診断」、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は共に5件以上です(レイクは借入金額が年収の半分を超えても引っかかります)。

だからと言って、銀行の方が甘いわけではありません

こうした簡易診断は申し込む前の目安に過ぎないため、実際の審査においては借入金額や属性などが加味されて、ボーダーライン上でも落ちる可能性は十分に考えられます

信用情報機関の1つである「JICC」が公表している2016年6月の統計情報では、登録者(加入している金融機関と信用取引がある人)の92件以下の借入です。

つまり3件以上になると審査には通りづらくなると言えるでしょう。

4.カードローンの申し込みをする時は借入件数を正直に書こう!

パソコン 女性

信用情報機関で把握できるなら「わざわざ借入件数を入力させなくても良いのでは?」と考えがちですが、これは金融機関が申込者の借入状況を把握すると共に、正直度材料にもなります。

登録されている件数よりも少なく申告すると、をついていると思われますし、たとえ悪意は無くても、借金管理できない「だらしない人」とみなされてしまいます。

いずれにしても審査に悪影響を及ぼすでしょう。借入件数は他の項目と同様、正直に書かなければいけません

もし正確さに不安があるなら、各金融機関が参照するJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターに登録されている情報を、開示請求できます。

基本的には郵送になりますが、CICならスマートフォンですぐに開示できるのです。

カードローンの申し込みをする時に借入れ件数はなんて書いたらいい?まとめ

女性

カードローンの申し込みにおける「借入件数」とは無担保キャッシング件数を指します。

様々なリスクを想定できると共に正直度も測れるので、どこの金融機関も重視して入力を求めてきます。正確に把握していない場合は、事前に信用情報機関に開示請求しましょう。

インターネット上の簡易診断では、かなりの多重債務でも問題無さそうですが、実際は3件以上の借入があると、審査には通りづらくなるようです。

件数を減らしてから申し込んだ方が良いかもしれません。

<参考URL>

アコム
http://www.acom.co.jp/3sec/index.html

E-gov(貸金業法)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S58/S58HO032.html

プロミス
http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB00Control
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPA00Control/BPA00002/Loan

レイク
http://lake.jp/cashing/diagnosis/index.asp

バンクイック
https://www1.loan-alliance.com/BtWebp/pc/banquic/PJOS12.do

JICC
http://www.jicc.co.jp/company/jicc-data/index.html
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

CIC
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/



今すぐばれずにお金を借りる!-カードローンを利用したい方へ!
お金を借りるならプロミスが1番おすすめです。

大手の中でも審査が早く、ネット審査で完了するので非常に簡単です。
申込み可否はネットで3秒で分かります。

また、家族や同僚にバレる心配もありませんし、30日間の無利息期間も大きな魅力の1つです。

※無料利息の適用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
promis-yoko

プロミスは女性でも安心!

プロミスレディースは女性オペレーターが対応します。
promis-ladys

※女性向けのサービスですが、男性のお申込みもOKです。