銀行系カードローン

親和銀行カードローンの即日審査方法と金利

スポンサードリンク
promis-yoko親和銀行カードローン

親和銀行カードローンの特徴

・申込み、借入・返済がどこでもできて便利

申込みは、銀行店舗に足を運ぶことなく手続きを進めることができます。また、借入・返済は基本、ATMで行うため、とても便利です。

・銀行ローンならではの低金利

金利は借入限度額等によって決まりますが、3.0%から14.5%と銀行カードローンならではの低金利です。

・利用可能金額の範囲内で何度でも借入、返済が可能

契約で借り入れ可能な上限が決まっています(最高で1,000万円まで)が、その金額を超えない限り、何度でも借入、返済が可能です。

親和銀行カードローンお借り入れ条件
実質年率 年3.0%〜14.5%
借入れ限度額 10〜1,000万円
申し込み可能年齢 満20歳以上〜69歳以下
融資受付営業時間 24時間
返済方法 定例返済(随時返済も可能)
担保・保証人 SMBCコンシューマーファイナンス
即日融資 不可能
即日振込 不可能
在籍確認 あり

親和銀行カードローンの詳細と特徴

登山 レジャー

親和銀行カードローンで借りたお金は事業には使えないものの、他にはなんであれ(教育資金や結婚資金、旅行・レジャーや医療費等)自由使うことが可能です。

借入カードを使って親和銀行、または提携のATMから行い、現金を受け取ることができます。限度額の範囲内であれば、何度でも借入を行うことができます。

返済は、毎月の定例返済ですが、自動引落直接入金のどちらかを選ぶことができます(申込み方法によっては選べないこともあります)。自動引落の場合、毎月1日〜26日(休日の場合には翌営業日)から引落日を選ぶことになります。直接入金の場合は、毎月14日までに約定の金額を返済することになります。返済額は、借入残高に応じて決まる一定の金額(最低額は、借入が10万円以下の場合の2,000円)です。また、自動引落、直接入金いずれも、好きな時に、好きな額を、返済することもできます(この場合でも、定例返済を行う必要があります)。

親和銀行カードローンの審査方法と流れ

インターネット

親和銀行カードローンの申込みは、インターネットFax郵送電話または銀行窓口で受け付けています。

申込みを受け付けた後、親和銀行(及び保証会社)が審査を行います。無事、審査に通過すると、銀行から連絡がありますので、必要書類を用意して契約手続きを行うことになります。既に親和銀行に口座を持っている場合にはWEB上で契約を行うことができるほか、口座がない場合でも郵送での契約により銀行窓口に足を運ぶことなく手続きを終わらせることができます。
契約手続き完了後、カード郵送されてきますので、そのカードを使ってATMでの借入ができるようになります。

親和銀行(及び保証会社)の審査は、社内の独自基準に基づいて行われますが、加えて、信用情報機関に登録された情報が参照されます。
その情報により、他社での借入や、返済の状況、債務整理を行った履歴等が確認されています。

在籍確認はいつ?どのタイミングか

親和銀行の在籍確認は、審査の過程で行われます。

連帯保証人は必要?

保証は保証会社が行いますので、自分で別に連帯保証人を用意する必要はありません(担保も不要です)。
なお、保証会社に対して直接、保証料を支払う必要はありません。

親和銀行カードローンで即日融資・振り込みは可能か

郵送 ポストスポンサードリンク
promis-yoko

親和銀行カードローンは、即日融資(申込みをした日に借入を行うこと)・即日振込には対応していません

審査の回答は最短で申込み日の翌日となります。また、カードの到着前に振込より借入を行うことはできますが、契約書類が銀行に届いた日の翌営業日が最短となります。つまり、申込み日の2営業日後が借入できる最短ということになっています。

家族や会社にばれる可能性はある?

親和銀行カードローンで借入を行うことが、家族や会社に知られる可能性は低いです。
親和銀行から、連絡をもらうことはありますが、親和銀行の名前で連絡がきますし、カードローンのことを本人以外に伝えることはありません
なお、銀行との取引は、住宅ローンでもなんでも言い訳がしやすいため、親和銀行から連絡を受け取っただけで、カードローンがばれることは普通はありません。

家族 クレイアート

親和銀行カードローンの提携ATM一覧

親和銀行のATMの他、提携ATMとして、コンビニATM(セブン銀行ATM、及びイーネットATM、ローソンATM)、ゆうちょATMが利用できます。また、提携金融機関のATMを利用することができます。

親和銀行カードローンの営業時間

インターネット等による申込みは24時間行うことができます。また、借入及び返済はATM(提携ATMも含め)が使える時間内であれば、いつでも行うことができます。

親和銀行カードローンは増額は可能?

カードローンの上限金額(1,000万円)までは、増額の申し込みができます。申込み後、親和銀行が審査を行い、審査に通れば増額されます。

親和銀行が他に扱っているローン一覧

親和銀行は、カードローンの他、住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、フリーローン等を扱っています。
カードローンは他に選択肢がなく、1種類のみの取扱いです。

親和銀行カードローンを利用できる人

女性 アルバイト カフェ

親和銀行カードローンを利用するためには、親和銀行の審査に通る必要があります。

審査基準として明示されているのは、(1)継続安定した収入があること、(2)20歳以上、69歳以下であること、(3)九州もしくは山口県に住んでいて、かつ勤めていること、あるいは親和銀行の普通預金口座をもっていること、の3点です。

パート・アルバイトはもちろんのこと、学生であっても、収入があれば利用できます。
自身に収入のない専業主婦も配偶者に安定した収入があれば利用できます。

親和銀行カードローンを借りられる人
会社員
主婦
派遣社員
無職 ×
フリーター
パート
アルバイト
自営業者
学生

親和銀行カードローンのメリット

信用金庫 カード

親和銀行カードローンは、借入、返済を親和銀行、他提携ATMで、何度でも行えるため、使い勝手のよいカードローンです。
金利は、消費者金融を大きく下回る、銀行カードローンならではの低金利ですし、借入限度額は最高で1,000万円までと、銀行のカードローンとしては最大と言える借入枠です。
そのため、他の銀行カードローンと比較しても、条件面では遜色のないカードローンと言えます。

親和銀行カードローンのデメリット

申込み方法がインターネット、Fax、電話、銀行の窓口と様々用意されていたり、返済の方法が自動引落と直接入金で選べたり、自動引落の日付が選べたり、その人のニーズにあった方法を選択できることが親和銀行カードローンの特徴と言えます。反面、インターネットからの申込みを専業主婦は使えない、インターネットから申し込んだ場合には、自動引落が14日に決まってしまう(選べない)等、できない組み合わせもいくつかあります。
ダイレクトコンサルティングプラザというヘルプセンターが用意されていますので、細かいルールについては、銀行に確認しながら進めるとよいでしょう。



今すぐばれずにお金を借りる!-カードローンを利用したい方へ!
お金を借りるならプロミスが1番おすすめです。

大手の中でも審査が早く、ネット審査で完了するので非常に簡単です。
申込み可否はネットで3秒で分かります。

また、家族や同僚にバレる心配もありませんし、30日間の無利息期間も大きな魅力の1つです。

※無料利息の適用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
promis-yoko

プロミスは女性でも安心!

プロミスレディースは女性オペレーターが対応します。
promis-ladys

※女性向けのサービスですが、男性のお申込みもOKです。