銀行系カードローン

ソニー銀行は即日で借りる事ができる?審査情報まとめ

スポンサードリンク
promis-yokoソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンの特徴

・金利は最低2.4%から

金利は借入限度額に応じて変動し、最低は2.4%から。最高でも13.8%までとなっています。

・即日融資可能

審査は仮審査が最短60分で回答、ソニー銀行に口座があれば即日融資が可能です。

・利用可能金額は、最高で800万円まで

契約で借り入れ可能な上限が決まっていますが、その金額まで(最高で800万円まで)の借入が可能です。

ソニー銀行カードローンお借り入れ条件
実質年率 年2.4%~13.8%
借入れ限度額 10~800万円
申し込み可能年齢 満20歳以上~65歳未満
融資受付営業時間 24時間
返済方法 原則は口座振替、インターネットバンキング・ATMでの返済も可能
担保・保証人 アコム
即日融資 可能
即日振込 可能
在籍確認 あり

ソニー銀行カードローンの詳細と特徴

勉強 教育

ソニー銀行カードローンは、利用に当たってソニー銀行に口座が必要であり、持っていない場合には、カードローンの申し込みと同時に、口座開設を申し込む必要があります。
借りたお金は事業には使えないものの、他にはなんであれ(教育資金や結婚資金、旅行・レジャーや医療費等)自由使うことが可能です。

カードの審査は早いです。審査は原則、即日中に仮審査の回答がきます。借入の限度額の希望を300万円以下にすることで、収入証明書が不要となる他、ソニー銀行に口座がある場合、最短即日での審査も行っています。

借入カードを使って提携ATMから直接現金を受け取ることができます。また、ソニー銀行のサービスサイト、テレホンバンキングによるソニー銀行の口座への振込も可能です。
なお、ソニー銀行に口座の無い状態で申し込んだ場合に限り、初回のみですが、ソニー銀行以外の銀行の口座へ振り込んでもらうことも可能です。この場合には、借入限度額の半分、または30万円のいずれか低い方の額まで、しか借りることができません。
返済は、申込時にソニー銀行に作った口座からとすか、ATMから返済するか、の選択になります。なお、口座引き落としは、借入の残高に応じて、一定額(10万円以下の借入残高が残っている場合には2,000円)が月々、行われます。

ソニー銀行カードローンの審査方法と流れ

インターネット

ソニー銀行カードローンは、借入前に契約を行う必要があります。
契約は、まず、申込みをするところから始まります。申込みは、インターネットから(パソコンやスマートフォンで)行うことができます。
申込みを受け付けた後、ソニー銀行(及び保証会社)が仮審査を行い、無事、仮審査に通過するとメールで連絡が来ます。その後、必要書類を郵送またはFaxし、無事に本審査に通ると、契約手続きが完了となります。
契約手続き完了後、カードが手元に届くまでには時間がかかりますが、ソニー銀行のサービスサイトから借り入れができるほか、別銀行の口座への振込を依頼している場合には、入金がされます。

ソニー銀行(及び保証会社)の審査は、社内の独自基準に基づいて行われますが、その際に、信用情報機関に登録された情報が参照されます。
そのため、他社での借入や、債務整理を行った履歴等が参照されることになります。

在籍確認はいつ?どのタイミングか

ソニー銀行の在籍確認は、仮審査の結果が届いた後、本審査完了前に行われます。

連帯保証人は必要?

保証はアコムが保証会社となって行いますので、別に用意する必要はありません。
なお、保証会社に対して保証料を支払う必要はありません。

ソニー銀行カードローンで即日融資・振り込みは可能か

女性 スマートフォン

ソニー銀行カードローンは、即日融資(申込みをした日に借入を行うこと)・即日振込が可能です。

スポンサードリンク
promis-yoko

家族や会社にばれる可能性はある?

ソニー銀行カードローンで借入を行うことが、家族や会社に知られる可能性は低いです。
ソニー銀行から、連絡をもらうことがありますが、カードローンのことを本人以外に伝えることはありません。
銀行との取引は、住宅ローンでもなんでも言い訳がしやすいため、ソニー銀行から連絡を受け取っただけで、カードローンがばれることは普通はありません
なお、カードは郵送で受け取ることになりますが、本人限定受取郵便になりますので、家族が受け取ることはできません(受け取られる心配はありません)。

家 ホーム クレイアート

ソニー銀行カードローンの提携ATM一覧

提携ATMは、セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の各銀行ATM、及びイーネットATM、ローソンATMです。

ソニー銀行カードローンの営業時間

サービスサイト、またはテレフォンバンキングを利用することにより、原則、24時間、借入及び返済を行うことができます。提携ATMの利用は、そのATMが使える時間に限られます。

ソニー銀行カードローンは増額は可能?

原則可能ですが、ソニー銀行の審査に通る必要があります。
また、収入がない主婦の場合には、上限が50万円となり、それ以上の増額はできません。

ソニー銀行が他に扱っているローン一覧

ホーム お金

ソニー銀行は、カードローンの他、住宅ローン、目的別ローン(2016年2月現在、新規利用は停止されています)を扱っています。

ソニー銀行カードローンを利用できる人

ソニー銀行カードローンを利用するためには、ソニー銀行の審査に加えて、保証会社の審査に通る必要があります。
審査基準として明示されているのは、原則、安定した収入があることと、20歳以上、65歳未満であること
専業主婦で仕事をしていない場合であっても、夫に収入があれば利用できます(但し、利用限度額の上限は50万円となります)

住んでいる場所について制限はなく、日本国籍か、外国籍で日本の永住権を持っていれば海外に住んでいても利用することができます。

ソニー銀行カードローンを借りられる人
会社員
主婦
派遣社員
無職 ×
フリーター
パート
アルバイト
自営業者
学生

ソニー銀行カードローンのメリット

女性 アルバイト カフェ

メリットは大きく3つあります。

1.申込みが手間いらず、利用が場所問わず

審査のため、お店まで足を運んだりする必要はありません。インターネットとFaxで手続きを完結させられるため、とにかく手続きが簡単、というのが大きなメリットです。また、借入や返済がサービスサイトからも行えるため、全てを自宅にいて済ませることが可能、またATMを利用する場合にもコンビニのATMを利用できるなど、便利なカードローンです。

2.貸出上限が大きく、金利が安い

貸出の上限枠は最高で800万円までと、多額のお金が必要な場合にも対応できることが特徴です。また貸出枠が大きくなるにつれて金利が安くなり最低金利が2.4%と安く、金利の上限が13.8%と銀行のカードローンの中でも安い点にメリットがあります。

3.だれでも利用できる

派遣社員や、パートアルバイトのほか、主婦でも夫に収入があれば利用できますし、学生収入があれば利用できるなど、利用できる人が幅広い点がソニー銀行カードローンのメリットです。また、住んでいる地域にも限定がありません。

ソニー銀行カードローンのデメリット

ソニー銀行カードローンは、毎月の返済金額があらかじめ、借入残高に応じて決まっているため、その金額を返済する必要があります。

また、借入のためにソニー銀行の口座を作らなければならないのですが、自前のATMがない等、他の銀行に比べると使い勝手が劣る場合があり、普段からソニー銀行を利用しないのであれば、管理する口座が増えてしまうことになる点がデメリットになります。



今すぐばれずにお金を借りる!-カードローンを利用したい方へ!
お金を借りるならプロミスが1番おすすめです。

大手の中でも審査が早く、ネット審査で完了するので非常に簡単です。
申込み可否はネットで3秒で分かります。

また、家族や同僚にバレる心配もありませんし、30日間の無利息期間も大きな魅力の1つです。

※無料利息の適用はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
promis-yoko

プロミスは女性でも安心!

プロミスレディースは女性オペレーターが対応します。
promis-ladys

※女性向けのサービスですが、男性のお申込みもOKです。